同性愛の人たち それはマイノリティーの人たち

日本において、同性愛の人たちなんて昔はいないと思われていたのではないでしょうか。同性愛の人たちは極々マイノリティーであり、カミングアウトしてもいいことなく、今まで黙っていたからゼロと思われていたのかもしれません。しかし、段々とカミングアウトする勇気を持つ人たちが出て来て、私も、私もという感じで、段々と同性愛の人たちがこの世界でクローズアップされることになります。

現在、日本でも13人に1人がセクシャル・マイノリティである事が判明していると言われています。マイノリティーはマイノリティーですが、こんなにみなさんは同性愛の人たちの人たちがいると思っていたでしょうか。日本国内の7.6%がセクシャル・マイノリティです。2012年は5.2%だったです。セクシャル・マイノリティとは、同性愛の人たちだけでなく、レズの人たちもそうであり、両性愛者(バイセクシュアル)もトランスジェンダーという人たちもここに含まれて来ます。

今出会いの問題を真剣に考えていかなければならない

今後もっと、セクシャル・マイノリティの数は増加して行くことになるでしょう。その時、ノーマルの人たちは、セクシャル・マイノリティをしっかり認める目を持つことも必要ですし、セクシャル・マイノリティの人たちに出会いの場所が提供されていかなければなりません。しかし、マジョリティーは、マイノリティーを所詮無視するものであり、これが民主主義なのです。

リアル社会では、なかなかセクシャル・マイノリティの人たちが堂々と出会う環境がなく、インターネットの世界に頼ると言うのが現実のようです。しかし、インターネットがあるからまだまだ私達の世界は、セクシャル・マイノリティの人たちを救っていると言うことも出来ます。

出会い系サイトで同性愛の人たちが出会う

しかし、レズ出会い系サイトでもなかなかテクニックがないとうまく出会うことが出来ないと言います。まず大事なことは、同性愛の人たちは、マイノリティーだからと消極的にはならず、積極的モチベーションで攻撃をしかけて行くことです。セクシャル・マイノリティで一体何が悪いのでしょうか。そんなものは人間の個性に過ぎないのです。もっと自信をもてば、どんどんいい出会いが出来るように自ずとなるはずです。

出会い系サイトでお気に入りの相手を見付ければ、すぐにメールを送ってみましょう。その時、手当たり次第にメールを打てばいいという姿勢をもっていては、いい出会いも逃してしまうことになります。コピペメールなんてもっての他です。お気に入りの相手には、心のこもった自分にしか書くことが出来ないメールを書かなければ駄目です。

出会い系サイトはインターネットで本当に便利で、コピーでメールもいかにもという感じで送れてしまうことにデメリットがあります。実際に送ることが出来ても、そんなコピペメールは、すぐに相手は見破ることが出来ます。相手は、冷やかし、サクラと勘違いしてしまうのではないでしょうか。せっかくお気に入りの相手を見付けたと言うのにそれでは非常にもったいない。

家出を考えたこと

家出を考えたことくらい、誰でも考えたことはありますよね。私にだってあります。
けれども私の場合はたまたまそうやって考えたことを実行に移すことは無かったというだけの話です。
なぜ実行に移さなかったのかといえば、私が若いころには出会い系サイトというものがまだ今ほどに普及していなくて、家出をして異性にかくまってもらうという発想がなかったからなんですよ。
ひょっとしたら、出会い系サイトを利用する人が今みたいに増える前から、神待ちということをほとんど無意識にやっていた人はいたのかもしれませんが、私の場合は自分で積極的にそういうことを考えることはできませんでした。

神待ちという行為が一般的でなかった頃は(もちろん今でも一般的な行為だとは言えないかもしれませんが)家出をしてかくまってもらうといえば、とりあえず友達化彼氏、あるいはセフレの家に泊めてもらうというのが普通でした。
要は、やっていることは今も昔もそれほど変わらなくて、家出をしたときに誰かにかくまってもらうためにはとりあえず彼氏がいたほうが嬉しいな、だから出会いがあればうれしいなというのを、出会い系サイトを利用することで出会いのチャンスをゲットしていたというだけの話です(参照記事はコチラ→神待ち掲示板の利用頻度UP)。

出会いを求めている人は今も昔もたくさんいると思いますが、出会いを求めていることに関するハードルが、出会い系サイトの出現によってかなり下がったことは間違いないでしょう。
昔は家出をしてもかくまってくれる人がいないから、結局家出をすること自体をあきらめていたという人も、今では出会い系サイトというものがあるから、いざ自分が家出をしたときのために、かくまってくれそうな友達をあらかじめ確保しておくということができるようになったのです。

出会い系サイトを利用して出会いを求めるといえば、どうしても異性との出会いを求めるというイメージが強いですが、別に異性との出会いしか実現できないということはありません。
実際、出会い系サイトを利用して同性の友達を募集している人もいます。
自分が家出したときのためには、異性の友達よりも同性の友達のほうが色々と頼りになるからと考えている人もいるようです。
そういう気持ちは、わたしにももちろんよく分かります。

家出をしたら、誰だってふと冷静になって考えてみた時に死ぬほど寂しい思いをするものなので、そういう時に大切な恋人がずっとそばにいてくれればうれしいなとは思うでしょうが、かといってずっとそばにいてほしいと思えるような恋人がいるという人ばかりではないので、実際に自分が家出をしてしまったときのことを考えれば、大切な恋人の存在がどうこうというよりも、やっぱりその相手がどれだけ頼りになるかということのほうが重要である気がします。

幼いころの家出だったら、親とケンカをしたり何か自分にとって強い不満があった時に、勢いに任せて家を飛び出して、そのうち気分が晴れたらケロッとして家に戻るということがあったかもしれませんが、大人になってからの家出というのはもう少し事情が深刻である場合がやっぱり多いですね。
大したことは何も起こってないのに、とりあえず気分で家出するという人はあまりいないはずです。
家出をした経験が実際にあるという人はすごく多いと思いますが、家出をする原因や動機というのが、大人と子供では随分と違うのは当たり前のことでしょう。

大人になってからの家出には、出会い系サイトを活用できる場合もあるということですよね。
実際のところ、家出少女がしばらく家に帰らずマンガ喫茶にこもって、そこで出会い系サイトにアクセスして、自分のことをかくまってくれる男性を探すという話はよく聞きます。
どうしても噂というのは誇張されるものですが、それでもこの噂はそんなに大げさではないのではないかなと思うんです。

人付き合いって本当に難しいです

いまさら何を言っているのかと思われるかもしれませんが、三十も間近になって改めて、他人と付き合うこと、他人とコミュニケーションをとることってむつかしいなあというふうに思い知りました。

今の時代では出会い系サイトを利用している人が多いようです。
私だって実際に出会い系サイトを利用していますが、確かに、いくつかある優良な出会い系サイトの利用者数を見ても、出会い系サイトを利用して出会いを楽しんでいる人の数が相当多いのだということがわかります。

出会い系サイトを利用して出会いを求めている人にとっては、もちろんサイトの利用者が多いことというのはうれしいことでしょう。
もちろん、優良な出会い系サイトの中でも、自分が普段から使っているサイトの利用者が増えればうれしいことは言うまでもありません。

サイトにはいろいろ種類がありますが、優良な出会い系サイトといえるものは限られていて、さらにその優良な出会い系サイトと呼ばれるものの中にも、いくつかのバリエーションがあるわけです。
普通に恋人探しが楽しめる出会い系サイトや、どちらかというとメル友との出会いに特化したサイト、さらには、セフレとの出会いを求められるような本当に会えるセフレサイトまであるのです。
出会い系サイトに関する情報はネットで検索すれば割と簡単に調べられますが、それでもやっぱり、百聞は一見に如かずといいますか、実際に出会い系サイトを利用して見た印象というのは、ネットで調べた情報とは結構と異なるはずです。

私が実際に出会い系サイトを利用してみて思ったのは、意外と女性の利用者が多いのだという驚きでしょうか。
どうしても、出会い系サイトを利用している人がまだまだ少なかった時代には、出会い系サイトを利用しているのは男性ばっかりだというふうに言われていました。
だから、出会い系サイトを利用している(とみせかけている)のはみんな出会い系サイトにやとわれたサクラだなんていうふうにも言われたんですよね。
出会い系サイトも、数だけは結構たくさんあったみたいなんですが、利用している人の数はまだまだ少なくて(何しろ出会い系サイトと呼ばれるサイトの存在自体がまだまだマイナーだったので)出会い系サイトの中身についても、優良な出会い系サイトとそうでないサイトの分類がまだしっかりと行われていなくて、ネットに関する知識が乏しい人が不用意にサイトへ近づくと、簡単にサクラの詐欺の被害に遭うのだというふうにも言われていました。

サクラの詐欺の被害に遭ったとしても、当時はまだそんなに、悪徳な詐欺を行うサイトに関する知識も情報も、多くの人に知られていなかったわけですから、ちょっと極端なことを言えば、出会い系サイトを利用している人が間違って悪徳な出会い系サイトに登録してしまい、そのまま、自分が素敵なメル友と知り合ってコミュニケーションをとることができていると勘違いして、どんどんサクラの詐欺に巻き込まれていくという人が多かったんです。

メールのやり取りをしているだけでサイトの利用料金なんていくらでも取られてしまうようなシステムになっていますから、サクラの詐欺の被害に遭っているなら、自分で何とか気を付けるしかなかったんですよね……でも今みたいに、出会い系サイトを利用することの危険性について説明しているサイトの数がまだまだ少なかったですから、詐欺に巻き込まれてしまう時は割と簡単に騙されて、そしてそのままずっと気が付かないで悪徳なサイトやサクラに対してひたすらお金を支払い続けるというような悲惨なこともあったみたいです。
恐ろしいですよね。

最近では、出会い系サイトを利用者が増えて、サイトそのものがしっかり整備されるようになりました。
だからこそ、昔に比べて女性の会員が増えたのかもしれません。
出会い系サイトを利用して真剣に出会いを求めている男性にとっては特に、女性の利用者が増えることはうれしいことでしょう。
私だって、自分が出会い系サイトを利用して出会いを求めることについて考えるときには、女性が多いサイトを選びたいと思いますよ。
先ほども説明した通り、優良な出会い系サイトにはいくつかの種類があって、サイトごとにいろいろな特色があって、例えば恋人探しに適したサイトやセフレとの出会いが本当に実現できてしまうサイトなどいろいろあるので、自分の目的がはっきり決まっている場合などは、サイトを利用している男女の比率などではなくて、純粋に自分がどういう出会いを実現させたいのかということを考えたうえでサイトを利用して見るかもしれませんが、基本的には、男性の利用者の場合は女性の会員が一人でも多く利用しているサイトで出会いを求めたいと思うでしょうし、反対に女性の会員がサイトを利用して出会いを求める場合には、男性の会員が一人でも多いほうが嬉しいというふうに考えるはずです。

女性の会員の場合は、優良な出会い系サイトを無料で利用できたりするので、自分がどういう出会いを実現させたいのかということがはっきりするまで、複数の出会い系サイトを同時に使い分けるといったようなことも考えるみたいです。

ただ、どんな出会い系サイトを利用するにしても、男女の出会いを求める際には苦労がつきものです。
厳密に言えば、出会い系サイトを利用して出会いを求めること自体が難しいわけではないと私は思うんですよね。
出会いを求めること自体は簡単です。
出会い系サイトを利用している人がこんなにも増えて、優良な出会い系サイトが簡単に検索できるようになった今では、出会いを求める方法として出会い系サイトという手段を選ぶ人が多いので、簡単に出会いを求めている人同士がweb上で知り合えるようになったのです。
これは本当にものすごいことだと思います。
時代はいろいろと変わっていくと思いますが、どれだけ時代が変わっても、出会い系サイトというものがすぐになくなるということは考えにくいでしょう。

ただ、出会い系サイトがどれだけ便利なサイトであったとしても、これは、男女のお付き合いがうまくいくことを保証してくれるサイトではありません。
もしもそんなサイトが本当に登場したら、インターネットを利用して出会いを求める人が今よりももっと増えるでしょう。

出会いを求めること自体が難しいという人は確かにいます、それは、出会い系サイトを利用することにまだまだなれていない初心者がそんなふうに言ったりするわけですが、ある程度まで出会い系サイトの利用に慣れて、自分がどのような人と出会いたいのかという目的がはっきりしてくると、出会い系サイトを利用して出会いを求めることまでは割と誰でも簡単にできるようになります。
実際に出会い系サイトを利用して、私も素敵な出会いをゲットすることができましたが、はっきり言ってしまえば、出会いを実現するところまではそれほどむつかしくありません。

問題なのは、出会い系サイトを利用して素敵な出会いを実現してからのことだと思います。
出会い系サイトを利用すれば、サイトの選び方などを間違えない限りは、割とどんなユーザーに対しても素敵な出会いのチャンスがもたらされるものですが、出会い系サイトを利用していて確率を高くできるのは、素敵な出会いのチャンスがもたらされるかくりつまでです。
ある男女が出会った後、その二人の関係がどうなるのかということについては、あくまでその出会い系サイトを利用している当人次第ということになるでしょう。
最初にも書きましたが、人付き合いというのは本当にむつかしいです。
三十を間近に控えた今でもそんなふうに思います。
若いころは、むしろいま以上に何も考えてなくて、ある意味で気楽だったのです。
異性とのコミュニケーションも含めて、今みたいにむつかしく考えることっていうのはそれほど多くなかったです。
例えば、大学のゼミなんかでちょっと仲良くなった女の子と一緒にご飯を食べる機会なんてのはありました。
普通に話をしているつもりでも、なぜか相手の女の子を怒らせてしまい、その子が私を置いて帰ってしまうというようなことがありました。
でも若いころは、一人の子にふられたり怒られて関係が気まずくなったとしても、また新しい出会いのチャンスがいくらでもあるとかいうふうに考えていたので、もう本当にどうしようもないほど能天気だったんですよ。

今では昔より多少大人になったので、異性とのコミュニケーションがうまくいかないときにどうしてうまくいかないのか、自分のどういう言動が相手の気に障っているのかということは真剣に考えるようにしています。
せっかくある程度仲良くなった女の子との関係を、簡単にはあきらめてしまいたくないのです。
あることの関係があまりうまくいかなかったときに、まあいいや、また別の子とお付き合いしようというふうにはあまり考えられないですね。
出会いを求めること自体が難しくなったというのはあります。
誰にとっても、年を重ねるごとに出会いのチャンスが減っていくというのは思いあったることだろうと思うのです。
そういうふうに、素敵な出会いのチャンスがほしいけれど、昔みたいにはうまくいかないという人にこそ、出会い系サイトは重宝されているわけですよね。
でも、出会い系サイトを利用して素敵な異性と出会っただけでは意味がないので、出会ってからその先の関係をどう続けていけばいいのかということを、最近では割と真剣に考えるようになりました。

真剣に考えるといっても、男女のお付き合いのやり方には正解がないんですよね。
人によって性格や価値観が違うのは当たり前なので、自分とはどうしても相性が合わない人というのはいます。
うまくやろうと思ってどうしてもそれができなかったら、自分とこの人はどうしても相性が合わないのだと考えてあきらめることも必要かもしれません。
いくら他人とコミュニケーションをとることが得意な人でも、自分の周りにいるすべての人と同じように円満な関係を築けるわけではありません。

自分はどういうタイプの人と相性が良いのかということを考えるのも、男女のお付き合いを考えるうえでは非常に重要なことです。
例えばあなたの職場にも、どうしても相性が合わない上司や部下がいると思うのですが、ビジネス書の類を読んでみると、どうしても相性が合わない上司や部下とはムリに合わせる必要がないみたいなことも結構書いてあります。
同じ姓別の人とも関係がうまくいかないというのはごく普通のことなので(人間関係がうまくいかない理由は、例えば個人的な嫉妬とかいろいろとあるのですが)これが男女の関係ということになれば、良好な関係を維持するのがさらにむつかしいのは当然のことでしょう。

人間関係のトラブルを経験することも重要ですし、うまくいかない人との関係はうまくいかないものとしてすっぱり諦めるような覚悟も必要です。
出会い系サイトを利用していると、たくさんの人と出会うチャンスがあります。
せっかく誰かと出会っても関係がうまく進展しないままで終わるということも多いのですが、そういう経験が自分にとって結構勉強になったりするんで、やっぱりある程度は、下手な鉄砲でも数を打てば当たるというくらいの気持ちで、出会い系サイトを利用したほうがいいかもしれません。

ツーショットダイヤルの「盗聴サービス」で興奮度アップ!

ツーショットダイヤルも様々ありますが、サービスもまた様々です。自分が今気に入っているサービスに、生盗聴というのがあります。もちろん盗聴ではないのですが、リアルタイムに行われているツーショットダイヤルの男女の会話が聞けちゃうというサービスです。

盗み聞きは想像力を豊かにしてくれる

ツーショットダイヤルはテレフォンセックスの目的で利用しているのが男性も女性も多く、そういう会話が生で聞けるならこんな楽しいことはないのです。
AVのようなわざとらしい会話ではなく、ほんとにリアルです。
むかし壁が薄いアパートに住んでいたのですが。
その時の隣の女性が若い人で、愛人なんだか彼氏なんだか歳の離れた男性が来ては激しくセックスし、その人がこない日はどうも自分でして、そのすべてが全部筒抜けで、聞いている自分は想像力豊かになりました。
その時に培われた想像力で、この生盗聴サービスを聞いているほんとに興奮してしまいます。
テレフォンセックスのテクニックなども、これで学べました。

誰かが盗聴しているのかと想像するだけでも興奮する

他人のすることを覗くというのはこんなに楽しくてエキサイティングなのかと感動するほどです。
このサービスで盛り上がったあとに自分もツーショットダイヤルで相手を探してテレフォンセックスしますが、これを誰かに訊かれているかもしれないと思うと、なんかそれはそれで興奮します。
いいテレフォンセックスが出来るんですよ。

ツーショットダイヤルが盛り上がればリアルセックスにも・・!

面白いもので女性というのは、いいテレフォンセックスが出来ると「ホントもすごいのかな」と期待感をふくら焦るのか、会おうとしてくれます。
それも後日ではなく、盛り上がっている今すぐにという感じなのです。
そういう時には会ってもホテルに直行ですから、食事代なども全く出費がなく、実にシンプルなデートになります。
もともと盛り上がっているのですから、その時のセックスも申し分ありません。
そうなると「また会いたい」と言い出すのが女性です。
ツーショットダイヤルは自分にとって、ひとりの女性で何度楽しめる夢のようなサービス。
それにこういう出会い方だと、おもちゃを使ったりシュチュエーションを替えたりする挑戦も、案外すんなり受け入れてくれます。
今までの女性はピンローやバイブ、電マは当たり前で、放置や遠隔なども試してくれました。
ただここまでになるためには、テレフォンセックスの時点で音で「こういったものを使うとすごい」という想像を頭の中につくるように誘導しておくことが必要です。
その下準備があると、スムーズに受け入れてくれます。

サイト利用時の注意点 まとめ→http://xn--pckq0bciq9snaz7n.net/terekurasaito-tyuuiten/

教師が出会い系サイトで不倫をしていたらまずいでしょうか?

こんなことを自分で言うのもかなりおかしいんですけど、教師が出会いアプリを利用して不倫をしていたらまずいでしょうか?教師という職業は、いまは特に世間から見ればかなり評判が悪いみたいですね。もっとも、私は教師という職業がみんなに愛されていた時代というものを知らないのですが、おそらくそんな時代はなかったのでしょう。

私だって、自分から積極的に教師になりたいと思っていたわけではないですよ。ただ、今の世の中は本当に不景気で、就職活動をするのも大変だったので、なんとかニートにならないようにということだけを考えて、何かの役に立つかもしれないからと思ってとっていたのが教員免許だったのです。

人にもよるのでしょうが、わたしの通っていた大学では、教員免許を取得する授業がそのまま卒業の単位にも加算されるので、一石二鳥だから楽でいいやというつもりで教員免許をとる人は私の周りにも大勢いました。でも結局のところ、教員免許をとったところで得をすることは特にないですね。私は実際に教員として働いていますが、生きがいを感じられたことはあまりありません。だいたい、教員になろうと思ったら、ただ免許をとったらそれだけでいいという単純なはなしではないんですよ。

免許さえ取っておけばそれでいいというわけではなくて、次に教員の採用試験というものを受けて合格しなければなりません。
もちろん、教員の採用試験を受けられるのは、あらかじめ大学などで教員免許をとっている人だけです。
正直、免許をとるだけだったら多少頭が悪くても誰でもできるんですよ。
それで、とりあえず免許をとっただけの人がみんな教員になったらかなり困るので、免許を持っている人の中から採用試験でふるいをかけるわけですね。

さらに最悪なのは、ちゃんと教員試験を突破したからといって、すぐに勤務先の学校が決まるわけではないということ。
最近は特に少子化がひどいですから、必要とされる教員の数も減っているんですよ。
学校教育の現場はあれまくっていますが、それでも教員に対して払えるお給料は限られていますし、たとえ教員を何人雇ったところで、生徒の飛行を食い止めたりできるわけではないので、本当に大変な仕事だと思います。
これでお給料が十分に高ければ納得もできるんですが、教員の給料ってめちゃくちゃ安いんですよ。
最近では、親が自分の子に向かって「教員だけは選ぶな」というふうにいうことも少なくないみたいです。

で、私も結婚してるんですよ、お見合いでの結婚だったんですが、相手の女性も私と同じく教員でした。
教員同士だからか、お互いの苦労がよくわかって、だからこそ意気投合で来たのかなって……私はもともと他人とのコミュニケーションが得意だというわけではありませんが、妻と話しているときは、本当に疲れなかったんですよね。
教員が大変な仕事だということはお互いにわかっているので、格好をつける必要がなかったというか、そんな感じですよね。

きっと妻は早く結婚をして仕事をやめたかったんだと思います。
実際に私と結婚したとたんすぐに仕事をやめました。
別に私のほうからは妻に何も言いませんでしたし、仕事をやめてから家事をずっと頑張ってくれるんだったらすごくありがたいことだなと思ったんです。
実際、私の妻は仕事をやめてからも働きものでした。
間違いなく人に自慢できる嫁って言えると思います。
外でそういう話はあまりしないんですけど。

妻と結婚して六年目になりますが、今でも妻に対する不満はあまりありません。
もちろんお互いに人間ですから、考え方が食い違ったりして喧嘩することはあります。
でも、妻とケンカするときっていうのは、全然嫌な感じではないんですよね。
どうしてもイライラしているときに、言いたいことを言わせてもらっているような気がします。
妻も私もそのことがよくわかっているので、あまり喧嘩がぐちゃぐちゃすることなくすぐに終わるんです。
喧嘩するほど仲がいいというやつかもしれませんね。

繰り返しますが、妻は働き者ですし、頭が良くて料理もうまい、おまけに私の話をしっかりと聞いてくれる、理想的な女性です。
今はまだ子供がいませんが、きっと子供ができたらいいおかあさんになるだろうなと思ってしまいます。
それでも私は、妻との関係に満足しきれない部分があるのです。
私が出会い系サイトを利用して不倫をしているといったら、きっと多くの人から非難されると思います。
不倫の原因は妻にあるのではなく、あくまで私個人の問題なので、非難されるのは私一人だけです。
正直なところ、私が妻を裏切ってどうして不倫をしているのか、自分でもよくわからないのです。
ただ、教員の仕事でため込んだストレスって、妻に打ち明ければ何でも解消されるといったような、それほど単純な話ではないんですよね、守秘義務の問題とかで、妻には言いたくても言えないことだってありますし、私が何か深刻な悩みを抱えているとき、この悩みを妻に打ち明けてしまっても大丈夫なのだろうかと感じる不安はいつもあります。
妻に悩みを打ち明けて、問題がぜんぜん解決しなかったら、それはそれでめちゃくちゃ落ち込むんですよね。

それで、妻には言えない悩みがどんどんとたまって言って、あるとき、本当に間がさしたとしか言いようがないのですが、出会い系サイトを利用していたのです。
最初は本当に「ちょっとサイトをチェックしてみるだけ」というつもりでした。
職場の友人にたまたま便利なサイトを教えてもらって、その友人は独身だから気楽なものだったんですが、もしもむしゃくしゃしてどうしようもないんだったら思い切って出会い系サイトを利用してみればいい、みたいなことを言われました。

出会い系サイトを利用してみて思ったことは、得に優良な出会い系サイトに登録した場合、他人同士が知り合うところまでは本当に驚くほどスムーズなので、簡単にハマってしまいます。
特に初心者ほど、出会い系サイトを利用して見てすぐにハマってしまう傾向があるのではないかと思いました。
メル友を数人作るだけだったら、本当に簡単にできるんですよ。
そこから先……セフレを何人も作ってセックスしまくるとか、結婚を前提にまじめなお付き合いができる恋人を探すとか、そういうことを考え始めると結構苦労する部分もあるのですが、とりあえず友達を何人か作りたいだけ、という人にとっては、出会い系サイトはまさしく天国みたいなものです。
これは実際に出会い系サイトを利用してみた私の感想で、決して大げさなものではないと思っています。

もともと私は他人とのコミュニケーションがあまり得意ではないといいましたが、出会い系サイトを利用してコミュニケーションをとるならその手段はメールが中心になりますし、ほとんど妻意外に話相手がいないような状態だった私にとっては、出会い系サイトというものはまさに麻薬でした。
やめなければいけないと思っても、もう簡単にはやめられないところまで来てしまっていたのです。

そのうち、出会い系サイトを利用して知りあった一人の女性と、私は不倫してしまいました。
体の関係を持ってしまったので、これはもう完全に不倫でしょう。
単なる話し相手とか、ちょっとした友達という関係を完全に超えてしまったのです。
ひょっとしたら彼女のほうは、私とセックスした後でも、私のことをただの友達だと思っているかもしれませんけれど、彼女のほうはまだ独身で、さらに私が既婚者であることを知らないので、わたしみたいに罪悪感を持っているということも全くないと思うのです。

ちょっと食事だけのつもりが、お酒の勢いでそのままホテルまで言ってしまって、しかも一回だけのつもりでセックスしてみたら、二人の体の相性が意外と良くて、もう初めてのデートだったのにその日のうちに何回もしてしまいました。
普通、お酒を飲んだら眠たくなってセックスもできなくなると思うのですが、私自身、これほどセックスの快楽を新鮮に感じたのは久しぶりだったので、もう止められなくなっていました。

初めてセックスした直後に、また今度デートしようねといわれたので、彼女との関係はしばらく続きそうです。
出会い系サイトを利用して知り合った女性に「また今度デートしようね」って言われたら普通はうれしいはずなんですけど、私としてはもちろん複雑な心境です。